東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利
ブログ

心を整えるコツ(2)

" 自律神経 "

2014年3月10日

心を整えるコツ

■修行だと自分に呼びかける

 「修行だ」と自分に一言いい聞かせ、その言葉をかみしめてみましょう。

 カッカとしていた気が静まり、へそから指三本下にある「丹田」(気の集まる場所)へと落ち着いていくのがわかるでしょう。

 

 私たちは、とかく、上司から「仕事をさせられた」、彼に「裏切られた」、取引先からひどいことを「いわれた」というように、人からなにかを「された」から、イライラして不幸なのだと考えがちです。

 「された」のは、確かに事実かもしれません。しかし、受け止め方まで「された」に終始していては、イライラが尽きることはないでしょう。

 根本的に考えかたを変えてください。

 なにごとも「修行だ」と能動的にとらえるのです。

 上司の意地悪な指示は、仕事修行。彼の裏切りは、人間修行。取引先のひどい言葉は、人生修行。そう考えたら、気が軽くなります。

 ある禅僧のもとに、青年が相談にきました。

 

 「私は悩みのない人生を送りたいのですが・・・」

 「悩みのない場所はあるよ」

 「えっ、どこですか?」

 すると禅僧は、寺のお墓を指差したのでした。

 

 「あそこなら悩みはない」

 

 つまり生きていることは悩みがあることだとさとしたのでした。

 悩んだり、ストレスを感じたりするのは、生きている証拠であり、向上心の源です。逆に言えば、向上心がある人は悩むのです。

 それが

 

「修行だ」

 

 の一言に込められています。

 アメリカを代表する哲学者ウィリアム・ジェームズは、こういいました。

 

 「困難だから逃げるのではなく、逃げようとするから困難になるのだ」

 

 修行と能動的にとらえることで、困難が困難でなくなることも多々あるのです。

 

  

この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西のかなもり鍼灸院院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県豊橋市より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。

どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 自律神経.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログトップ
    blog
  • ブログカレンダー
    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り