東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

坐骨神経痛

患者

男性 40代 会社員 

症状

1カ月前に重い物を持つ際にぎっくり腰となる。

腰だけでなく両下肢にかけての痛みが出現したため、病院で検査したところ「腰椎椎間板ヘルニア」と言われる。

 

SLRテスト陽性・上半身を前屈すると痛みが増強する。

歩けないほどではないが、現在も痛みは強い。

痛みは疲労により増強。

おしりやももが常に重くだるい。

下腿部にも痛みが出現することもある。

施術と経過

(施術の効果には個人差があります)

 

初回時はうつ伏せになれなかったため横向きで施術。

筋膜リリースにより筋緊張を取り、椎間関節に動きをつけた。

腰椎何番と何番の間の椎間板かは覚えてないようだが、おそらく第4、第5間の椎間板。

 

横向きのまま「大腸兪」「殿頂」「委中)「跗陽」に鍼施術。

施術後は腰と下肢共に可動域の変化がみられた。

 

その後、週に1回のペースで同様の施術を継続。

3回目の施術の際は、うつ伏せの姿勢も可能になる。

施術を重ねるごとに痛みは軽減し、2ヶ月ほどで施術を終了した。

その後は、姿勢や動作により軽い痛みを感じることはあるが、日常生活に支障が無い程度になる。

まとめ

腰椎椎間板ヘルニアと診断されてしまうと「ヘルニア」という言葉にとらわれがちだが、ヘルニアにとらわれるより、腰に起きている過度な筋収縮や坐骨神経の緊張を和らげて、痛みとしびれが少しでも軽減させることが重要。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板が押しつぶされ神経根を圧迫するために腰や下肢に痛みやしびれが出る。

逆に、椎間板を支える支持能力が強ければ、椎間板は押しつぶされにくくなる。

支持能力の一つとなるのが、脊柱起立筋などの「背筋力」。

痛みが和らいできたら筋肉のバランスを見直し、腰に負担をかけない体作りと生活習慣を身につけることが重要となる。

患者

女性 30代 看護師

来院

2014年 8月

症状

半年前にお子様をご出産後、骨盤矯正ベルトを装着しているうちに右股関節まわりに痛みが出現した。右下肢にかけて痛みとしびれが広がり歩行が困難なほどの痛みとなる。

右足をつくと臀部と股関節から下肢にかけ痛む。

圧痛は臀部の梨状筋に強い。

夜間痛も強い。

 

施術と経過

(施術の効果には個人差があります)

 

腰の痛みより臀部の梨状筋の痛みや反応が強いため「梨状筋症候群」も視野に入れ施術を進める。

右を上にして横向きで腰部と臀部への筋膜リリースを行う。

同じ姿勢で鍼灸施術。ツボは「腎兪」「大腸兪」「臀中」「飛陽」に刺鍼と灸。

置鍼5分。

横向きで固まっている腹部の調整。

腰部と臀部に皮内鍼をした。

シップとコルセットをして終了。

 

同様の施術を週2回のペースで続け、2週間後にはうつ伏せになれるくらい痛みが消失し、6週間後に施術を修了。

 

まとめ

産後は筋力と体力ともに低下しているため、体を傷めてしまうと時間がかかる傾向にある。もともと腰痛持ちだったこと、妊娠中に身体のメンテナンスをあまりしなかったことも腰痛・坐骨神経痛を起こした原因かとおもう。

 

妊娠中は5キロから10キロ、またはそれ以上体重が増える。

お腹も前方に突き出る姿勢となり、腰椎の前弯が増強される。股関節の可動性は制限されて筋肉は硬化しやすい。

産後の腰痛予防のためには、妊娠中に腰方形筋、梨状筋、内転筋だけで固まらないようにしておきたい。

 

ホルモン(リラキシンなど)によって出産のために調整された骨盤は、産後ゆっくり修復していく。基本的には骨盤は自然に修復されるので、骨盤ベルトは無理にしなくてよい。

腹部の筋肉が低下しているため、腰が「ガクガク」したり不安定になりやすいので、腹帯やコルセット、晒をすることで腰痛の予防に繋がる。

  • 営業案内
    営業案内
  • 営業日
    « 2020年11月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293012345
    • 休診日
  • 患者様の声
  • メディア掲載ご紹介
  • blog
  • 最近のブログ記事
  • ご来院地域

    下記地域の患者様にご利用いただいております。

    東京都 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 中央区
    千葉県 浦安市 市川市 船橋市

  • お気に入り