東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

不妊

患者

女性 20代 主婦

来院

2014年 5月

症状

3年間不妊で悩み、1年3か月前から不妊専門クリニックに通う。人工授精へのステップアップを勧められたが「鍼灸が不妊に良い」と知人に聞いたことがきっかけで来院。

鍼灸は未経験。

 

冷え性を強い。冷えは腰と足が強く、下肢の触診では圧痛のある箇所が多かった。

脈は肝腎虚。

腹診は左中腹部に硬さがある。

 

生理不順。

基礎体温では高温期が短め。

高温期が下がってしまうのも、上がりすぎてしまうのも、東洋医学的には腎気の弱さに根ざしている場合が多々ある。

施術と経過

(鍼灸施術の効果には個人差があります)

 

骨盤は左前方変位。

腸腰筋の硬化がある。

 

腰部筋膜リリースをし、骨盤調整。

うつ伏せでの鍼灸施術。

ツボは天柱、腎兪、至室、太谿など。

置鍼は5分。

 

仰向けでの腹部と下肢への鍼灸施術。

施術後は「全身がポカポカする」との自覚があった。

 

2回目以降の施術は吸玉療法(カッピング)も併用した。

週1回のペースで通院。

1ヶ月後冷えが軽減。

2ヶ月頃には「高温期が安定した」自覚あり。

施術を開始して3ヶ月程過ぎた頃、電話で妊娠の報告をいただいた。

まとめ

妊娠のための身体作りには冷えを取ることが不可欠。冷えがなくなることにより本来備わっている生殖機能の力(腎気)が高まる。

 

卵巣への栄養は血液でしか運ばれない。

卵巣や子宮に関わる血管(総腸骨静脈など)に安定した血流を促すことが、妊娠しやすい身体への土台作りともいえる。

患者

女性 30代 会社員

来院

2014年 4月

症状

①冷え症②肩こり③腰痛④生理痛(生理前のお腹と腰に強い痛み)

妊娠を希望するも3年以上結果がでないため来院。

病院での不妊治療の通院はないので検査所見はなし。

生理周期は30日で順調だが生理痛は強い。

 

基礎体温は規則的。

脈は肝虚症。腹診は左中腹部に冷え。

冷え症と肩こりが強くのぼせやすい。

腰は前弯増強(反り腰)。

左骨盤は前方への変位が強い。

施術と経過

(鍼灸施術の効果には個人差があります)

 

生理周期は順調だが生理痛は強い。生理の状態は血流の状態を考える目安ともなる。

まずは生理痛が今よりも和らぐよう施術方針を立てる。

 

パソコンを長時間使うために血が上半身に集まりやすく「冷えのぼせ」を起こしやすい。

「上実下虚」(じょうじつかきょ)と言い、上半身に血がこもり下半身は冷えて力が無くなる。上下半身ともに血流を巡らすことが必要となる。

 

うつ伏せで筋膜リリースをした後、鍼灸施術。

ツボは肩井、至室、腎兪、次髎など。置鍼は5分。

 

骨盤調整の後、仰向けでの鍼灸施術。

腹部と下肢への刺鍼。

 

2週に1回のペースで通院していくにつれ、生理痛も以前よりは軽減。

初回から7か月後に妊娠反応。

まとめ

肩こりや眼精疲労、腰痛や下半身の血流不足など。体は想像以上に様々なストレスを受けている。

逆に肩こりが軽減するとのぼせにくくなり、のぼせにくくなると全身の血液循環がよくなる。体のストレスを一つ一つ取ってあげると、体の機能は良くなっていくもの。

 

不妊でお悩みの方は「どこが悪い?何が悪い?」と思い詰めがち。

一つ一つが悪いのではなく、体全体の機能の流れをスムーズに働かせることが、妊娠しやすい体作りの第一歩。

 

 

  • 営業案内
    営業案内
  • 営業日
    « 2020年11月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293012345
    • 休診日
  • 患者様の声
  • メディア掲載ご紹介
  • blog
  • 最近のブログ記事
  • ご来院地域

    下記地域の患者様にご利用いただいております。

    東京都 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 中央区
    千葉県 浦安市 市川市 船橋市

  • お気に入り