東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利
ブログ

梅雨バテ撃退の養生

" 鍼灸 "

2014年6月24日

急な天候の変化や気温差、気圧の変化や高い湿気などにより、「梅雨バテ」気味の人が多いようです。暮らしの中での予防法をまとめてみました。

 

・汗で失われやすいビタミン・ミネラルを意識して摂る

・冷たい飲みものや生ものの摂りすぎに注意する(胃腸の不調からバテは始まる)

・あっさりした食事に変わり栄養不足になる時期なので、栄養面の見直し

・就寝中の冷房のかけ過ぎに注意する

・夜寝苦しい分、できる人は昼寝(30分ほど)をする

・毎日必ずお風呂に入る

 

身体に入るものと出るもののバランスが崩れる季節です。たくさん飲んで出ていかなければ「水毒」になります。梅雨の時期の体調不良はほとんどが水毒です。手足のむくみ、関節の腫れ、鼻水・咳・痰などとして出ることもあります。

 

水毒=冷え 

 

水分が増える分出すことを意識しましょう。シャワーで済ませず、お風呂に入りましょう。

汗をかいたら良質な水分を摂取しましょう。

それでも改善しないバテには、体内の「気・血・水」を整える鍼灸治療が効果的です。お気軽にご相談ください。 

 

この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西のかなもり鍼灸院院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県豊橋市より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。

どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 鍼灸.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログトップ
    blog
  • ブログカレンダー
    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り