東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

正座のすすめ

" 膝痛 "

2021年10月13日

皆さんは、普段正座をしますか?

 

うさぎ跳びと同じく、正座もすっかり悪い印象を持つ人が多いです。「膝によくない」「足がしびれる」など。膝が固くなっている人に「正座できますか?」と聞くと、多くが「普段正座はしない」と言われます。

 

すべての関節は、曲げないでいると曲がらなくなります。

「この関節は曲げなくていいんだ」と関節の潤滑機能が低下してしまうのです。体の関節は曲げて伸ばす習慣により、関節の機能が保たれます。

 

さて、鍼灸師の私は立ち仕事です。

イスに座って鍼をする鍼灸師もいますが、私の場合は立って構える方が集中できるため、鍼をする時も灸をする時も立って行います。

 

やはり、足は疲れます。

そんな私が毎晩必ずすること、それが正座です。

 

正座をすると足首が伸び、すねの前脛骨筋(ぜんけいこつきん)もストレッチされます。

膝が最大まで屈曲されて、大腿四頭筋もストレッチされます。

ふくらはぎにバランスよく圧がかけられ、血流が促されます。

 

正座をすると骨盤が安定し、背骨が正常なS字カーブに矯正されます。

それにより肺が広がり、呼吸が深くなります。

バランスのいい姿勢と呼吸により、思考が前向きになります。

 

足がしびれる正座は、重心が後ろ過ぎる正座です。

足がしびれない正座は、重心が前後にかたよらない正座です。

 

私の場合、毎晩寝る前に5分ほどやります。

それだけでも、翌朝の疲れの取れ方が違うのです。

正座は、私の心身のリセット方法の一つです。

この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西の「かなもり鍼灸院」院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。

「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 膝痛.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • かなもり鍼灸治療院ブログ
    blog
  • ブログカレンダー
    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り