東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

「スマホ首」とは

" ストレートネック, 肩こり "

2023年1月18日

時々電車に乗ると、私が目黒区まで電車通勤していた10年以上前との風景の違いを痛感します。

風景の違いとは、電車内でスマホを見ている人の多さです。

 

スマホを眺めているときの姿勢は、頭が前に出て背中が丸まり、猫背になります。

本来、若い人の首(頚椎)のラインは、前方に弓形(生理的前弯)になっています。加齢とともにその自然な弓形のラインが少しずつ無くなってしまい、まっすぐになることで頭が首の前に出ます。
これがいわゆる「ストレートネック」または「スマホ首」です。
最近はスマホやPCを覗き込む姿勢を長時間行っている若者や、中高年にこのような姿勢が増えてきています。首・肩こり、眼精疲労や頭痛の他、様々な体調不良の原因にもなります。
このような姿勢では、首の筋肉である胸鎖乳突筋や斜角筋群が固まります。これらの筋肉は頭蓋骨や頚椎と体幹(鎖骨、肋骨)をつなぐ重要な筋肉です。
さらに、僧帽筋、肩甲挙筋、大胸筋も硬くなって筋力が低下します。上半身全体の筋硬化へと広がり、前鋸筋、菱形筋という筋肉も萎縮していきます。
実は、これらの上半身の筋肉は呼吸、とくに胸式呼吸で重要となる筋肉です。
ストレートネックやスマホ首の状態では、これらの呼吸筋の働きが弱くなるため、肺活量などが低下して呼吸が浅くなります。
そして、十分な酸素を取り込むことができずに、細胞は常に低酸素状態になるのです。これでは身体にいいわけありません。
人は年をとり老化もします。それには逆行できませんが、老化を早めるような悪い習慣は変えられます。
東洋医学の基本は「生き方」を変えることなのです。
この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西の「かなもり鍼灸院」院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。

「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: ストレートネック, 肩こり.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 院長ブログ
    院長ブログ
  • ブログカレンダー
    2023年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り