東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利
ブログ

立ち方には二つある

" 整体 "

2017年5月24日

人間には二種類の立ち方があります。

 

 

一つは骨で立つこと。

もう一つは筋肉で立つこと。

 

 

骨で立つとは足を伸ばしきって筋肉を使わない立ち方のこと。
imageこの立ち方の場合は大腿部が真っすぐバランスよく膝に乗っていれば問題は無いのですが、姿勢が悪い場合または歪みや変形が起きている時は膝関節にストレスをかけ過ぎることになります。

 

 

 

 

一方、筋肉で立つとは足を伸ばし切らずに膝を少し落とした(屈曲)状態での立ち方のこと。

image

膝はわずかに曲げるだけなので写真ではわかりにくいですが、膝の後ろを見ると違いがわかるはずです。
臀部や大腿部、下腿部などの膝を支える筋肉を使いながら立つため、膝関節にかけるストレスは筋肉がカバーしてくれます。

 

 

「左は骨で立つ、右は筋肉で立つ」

 

 

そんなブログを以前書きました。
左膝は関節性の痛みが多いのに対して、右膝は筋肉性のトラブルが多いものです。

 

 

若いのに膝の痛みで悩まされている人の中には、骨で立ち過ぎている人が多く見られます。

 

 

そんな人は今一度、鏡の前に立って筋肉で立つ練習をしてみて下さい。骨と筋肉が力を合わせて自分の体を支えてくれることに気づくはずです。

 

 

立って家事をしているとき。

電車で長時間立っているとき。

朝歯みがきしているとき。

叱られて廊下に立たされているとき。

考えてみれば人って立っていること、とても多いですね。

 

 

身体を良くすることは、

気が付いていない悪い習慣を知りそれを変えていくこと。

治療家の仕事は気が付いてない部分を気づかせること。

 

 

これからの長い人生。

立ち方少しだけ意識してみませんか?

 

 

この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西のかなもり鍼灸院院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県豊橋市より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。

どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 整体.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログトップ
    blog
  • ブログカレンダー
    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り