東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利
ブログ

夏の冷え症撃退

" 冷え症 "

2018年5月31日

皆さんこんにちは。

かなもり鍼灸治療院の金森です。

 

 

毎日、暑い日が続きますね。

ぼくの自宅は治療院の近くにあるため、自転車で通勤しています。

熱い日差しの中でタオルなどの荷物をたくさん抱えて自転車をこぐと、距離は近いのにとても汗をかくんですよね。

 

 

こんな時期にエアコンで部屋をガンガン冷やすととっても気持ちがいい半面、それにともなって起こる体の冷えには十分気をつけたいですね。

 

 

「冷えは万病の元」

と、昔からといわれます。

 

 

体が冷えると肩こり、頭痛、腰痛、生理痛や生理不順など、

さまざまな体の不調を起こす他、血管が収縮し血の巡りが悪くなるため体温の低下や免疫力の低下に繋がりやすくなります。

 

 

対策は一つ、

それは「首」と名のつく部位を露出しないことです。

 

 

首、手首、足首などなどの関節部分は寒さに弱くできています。

冷たい風にあたり続けると表面に出ている血管が冷えるため、

体全体を冷たくしてしまうのです。

 

 

首はストールなどで保温しましょう。髪の長い女性の場合は濡れた髪をそのままにしておくと「風邪首」の原因となり、慢性的な首肩のこりや頭痛などにもつながります。

しっかりと乾かしましょう。

 

 

手首は長袖の上着を着用しましょう。

 

 

足首は夏でも仕事中や電車内ではレッグウォーマーをしましょう。ぼくはダイヤ工業の「発熱足首ウォーマー」を活用しています。

 

 

鍼灸師は仕事柄手に集中するため、意外にも足は冷えやすいのです。

 

 

 

 

何となく疲れやすい・・

しっかり寝ても疲れがとれない・・

昼なのに眠くなる・・

無気力・・

など。

 

 

何でも夏バテと決めつけずに、まずは冷えを予防することから始めてみてください。

 

 

次回は、それでも足が冷える人のための体操をお伝えしますね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西のかなもり鍼灸院院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県豊橋市より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。

どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 冷え症.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログトップ
    blog
  • ブログカレンダー
    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り