東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利
ブログ

五十肩でしょうか?

" 五十肩(肩関節周囲炎) "

2017年1月20日

「肩が痛いんですけど五十肩でしょうか?」

 

 

時々聞かれる質問の一つです。

 

 

五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」。

肩の関節周囲がいろいろな原因で炎症を起こすのです。

 

 

四十代以降、とくに五十代に好発するために昔からそのように呼ばれます。

 

 

「五十肩になるとずっとこの痛みを抱えながら生きなければならないのでは・・」

 

 

そんなイメージのある五十肩だからこそ、肩を痛めるとまずは五十肩なのかそうでないのか気になるのだとおもいます。

 

 

とても簡単な診断方法として、

五十肩かそうでないかは腕が上がるかどうかでわかります。

 

 

腕が固まってるように上がらない → 五十肩(肩関節周囲炎)

 

 

腕は上がるけどある動きや角度で痛い → インピジメント症候群

 

 

 

肩を痛める原因はさまざまですが、いつの間にか痛めてしまう原因としては肩の変形があります。

 

 

肩の変形(変位)

肩周りの組織同士がぶつかりやすくなる

時々角度により痛みが出てくる(インピンジメント症候群)

肩が固まり上がらなくなる(五十肩)

 

 

解かりやすく言うとこのような順序で、肩の痛みは出現します。

 

 

肩の変形(変位)とは?

 

 

例えば・・

自然体で立ってみてください。

 

そのとき手のひらが後ろを向くようであれば、棘上・棘下筋などインナーマッスルの機能低下により肩が変位している、と言えます。

 

 

そのような場合は手のひらが前を向く位置になるまで腕を回す(回外)ことを習慣にし、関節を支持する筋肉を日ごろから使うようにしましょう。

肩の変位が少しずつ治ります。

 

 

「五十肩はほっとくと治ると聞いたんですが?」

 

 

これも時々ある質問の一つです。

 

答えは簡単、

ほっといても痛みがおさまることはあるかもしれませんが、可動域がないままとなります。

つまり固まったまま炎症だけ一時的に収まる状態です。

 

 

五十肩もその他の肩の痛みも、

適切な治療を受け早く良くなってください!

 

 

 

この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西のかなもり鍼灸院院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県豊橋市より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。

どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 五十肩(肩関節周囲炎).
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログトップ
    blog
  • ブログカレンダー
    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り