東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利
ブログ

冬の食養生

" 不妊鍼灸 "

2020年1月9日

こんにちは。

かなもり鍼灸治療院の金森です。

 

当院の窓際では植物を育てています。

患者さまに頂いたものですが、植物名は分りません・・

 

植物は冬に力を蓄えることで、春に芽吹き花を咲かせるんですね。寒い冬でも、植物の手入れはかかせません。

 

東洋医学の概念では冬の臓器は「腎」。

 

腎とは成長や生殖、若さを担当する臓器です。

そのため、不妊といった婦人科系のトラブルへの体質改善において、冬の過ごし方はとても大切です。

 

かなもり鍼灸治療院では不妊鍼灸も行っていますが、冬は妊娠報告が比較的多い季節でもあります。年が変わり1月になり、すでに3名様から妊娠のご報告を頂戴してます。

「妊娠できるのか・・」という不安から「健康な赤ちゃんが生まれるのか・・」という不安への変化。妊娠とは次の不安へのスタートのようですが、せめてポジティブな気持ちでマタニティ生活を送ってもらいたい。

そのため、当院では妊娠中の施術も行っています。

 

話は腎に戻りますが、

生命力を補う(補腎)ための食材は「黒い物」と「ネバネバした物」です。

 

具体的には、黒豆、黒ごま、黒きくらげ、海苔などの海藻類、なめこ、山芋など。

黒豆はイソフラボンが豊富なため、婦人科系のトラブルでお悩みの方にはとてもおすすめな食材です。

 

さらに腎は「鹹味」(かんみ)といって、塩辛い味を好みます。海藻類はミネラル分が多いため、腎気を高めてくれるので、習慣的に摂りたい食材です。

 

「元気があれば何でもできる!」

今年も体のケア、大事にしたいですね。

 

この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西のかなもり鍼灸院院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県豊橋市より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。

どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 不妊鍼灸.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログトップ
    blog
  • ブログカレンダー
    2020年1月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り