東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利
ブログ

強靭な腰をつくるために必要なもの

" ぎっくり腰 "

2018年1月30日

皆さんこんにちは。
かなもり鍼灸治療院の金森です。

正月から最近にかけて、

ぎっくり腰によるお問い合わせを多く頂きました。
ぎっくり腰になってしまった原因はいろいろですが、やはり年末年始の大掃除、そして最近は雪かきによるものが多かったようにおもいます。
さて、

腰を強くするものって何でしょうか?

強靭な腹筋でしょうか。
それとも背筋でしょうか。
筋力が弱すぎる人の場合は筋力の補強は大切です。

でも多くの人は筋力が充分あるのにぎっくり腰になりますよね。

筋肉が充分あるのにぎっくり腰になってしまうような人に必要なのは、腰と股関節と骨盤の充分な可動性が腰を守るために必要となってきます。
例えば、
お辞儀をしてみます。
一番動いているのは股関節です。その次に腰椎、骨盤です。
一見腰だけ使っているような動作でも、
上記の3つの部位が協力して動いているわけです。
では3つのうちの1つが動かなくなるとどうなるか・・
他の2つがさらに頑張らざる負えなくなるわけです。

腰と股関節と骨盤がどのような姿勢にも対応できるよう、しなやかなに動くこと。

実はこれが、何より大切な腰のパワーの源です。
例えは変わりますが、
ハイヒールを履いたとします。
ハイヒールによりカカトが持ち上げられ、重心が前方するため骨盤は前傾します。
短時間ならいいですが長時間毎日前傾を強いられ過ぎると、
後傾できない固い骨盤になりがちです。
骨盤の前傾 ⇒ 交感神経優位(心体を活動的にさせる)
骨盤の後傾 ⇒ 副交感神経優位(心体をリラックスさせる)
便秘や不眠、生理不順などが骨盤の前方過緊張が原因である場合も少なくないものです。
骨盤がどのような姿勢にも対応できるしなやかな可動性があることは、
腰痛やぎっくり腰だけでなく自律神経の面からも大切なのです。
皆さんも要の腰、見直してみませんか。
この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西のかなもり鍼灸院院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県豊橋市より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。

どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: ぎっくり腰.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログトップ
    blog
  • ブログカレンダー
    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り