東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

不妊(ふにん)

不妊(ふにん)

このようなお悩みは、かなもり鍼灸治療院へご相談ください

 

・不妊治療を受けているがなかなか結果がでない

・まだ不妊治療は受けてないが、妊娠しなくて不安を感じる

・流産しやすい

・月経不順
・自然に妊娠するために、すぐにできることをを探している
・体外受精の前に身体を整えたい
・まだ妊娠は考えてないけど、ホルモンバランスを整えたい

不妊症(ふにんしょう)とは

一般的には結婚後、避妊をしない状態で1年以上妊娠しないときに不妊症といわれています。

 

もともと元気で自然治癒力を備えた体も、年齢やさまざまなストレス、冷えや病気などにより自律神経やホルモンバランスが乱れ、生殖機能の低下が起こることがあります。

かなもり鍼灸治療院の不妊への考え方

鍼灸師として、不妊で悩む患者さんを多く施術してきました。そして不妊でお悩みの方たちの抱えるストレスも、多く見てきました。

そのストレスの中でも多いものとは、結果を出せない自分を責めてしまうことです。

 

・「またダメだった」

・「こんなにがんばっているのにどうして妊娠しないのだろう」
・「なぜ私だけ赤ちゃんができないの?」

・「だれにも相談できなくて・・・」

 

そのような感情がさらに心身の調子を崩して、悪循環に陥ってしまいます。その結果、自覚のないうちに身体の冷えや歪みがさらに悪化してしまうことも多いのです。

 

鍼灸の目的は心身のダメージを修復すること。

そして、人が本来持っている妊娠するための身体の機能を取り戻すこと。

 

当院では東洋医学をベースとした鍼灸と整体を組み合わせた方法により、一人ひとりの体質に合った施術を行っております。

不妊と東洋医学

不妊の原因を臓器(子宮、卵巣、卵管など)だけに原因を求めないのが、東洋医学の特徴です。

子宮や卵巣を取り巻く身体全体の状態を観察していきます。

 

たとえば、血液が身体に対して足りないときは「血虚」(けっきょ)といいます。

血行が悪く子宮内の血液の循環が悪くなっている状態を「おけつ」といいます。

疲れやすい、体力低下、また消化器系の働きが悪く栄養がうまく取り込めない状態を「気虚」(ききょ)といいます。

 

体質的にバランスの崩れている部分を探し出し、妊娠しやすい身体へとバランスを整えていきます。

 

東洋医学では一人ひとりの「体質」を見極め、それに合わせた施術を行うことが可能なのです。

そのため、原因の分からない不妊症にも対応できるのです。

不妊治療に対して使うの主なツボと経絡

不妊治療のツボ:関元、気海、中極、命門、曲骨、内関、三陰交、腎兪、女子胞、合谷、血海など。

不妊でお悩みの皆さまへ

私が不妊鍼灸を学び始めたのは約16年前です。

当時はスポーツ鍼灸が専門でしたが流産体質の妻との出会いがきっかけとなり、様々なセミナーや鍼灸院へ出向き経験を積みました。現在はそのときに出会った先生方と情報交換をしながら研究を続けています。

不妊は相談しにくい悩みです。ゴールの見えない悩みです。

深刻な悩みゆえに、だからこそ妊娠報告を頂いたときの喜びが鍼灸師として嬉しく、鍼灸を継続するパワーを皆さまから貰っています。

 

不妊のことを考えるだけで心身ともに疲れてしまう方も多い中で、とにかく毎回体が楽になる鍼灸を目指しております。

お子さんを望まれる1組でも多くのご夫婦を笑顔にできるように、これからも努めて参ります。

 

  • 営業案内
    営業案内
  • 営業日
    « 2021年10月»
    262728293012
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31123456
    • 休診日
  • 患者様の声
  • メディア掲載ご紹介
  • blog
  • 最近のブログ記事
  • ご来院地域

    下記地域の患者様にご利用いただいております。

    東京都 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 中央区
    千葉県 浦安市 市川市 船橋市

  • お気に入り