東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

腱鞘炎

患者

女性 30代

症状

左手首から親指にかけての痛み。

半年前、お子様をご出産され、その後少しずつ出現。

重いものが持てなくなり、最近は日常生活まで支障をきたすようになった。

 

親指を少し動かそうとするだけでも痛がる。

手首の背屈と掌屈困難。

手関節に熱感と腫れあり。

フィンケルシュタインテスト陽性。

以上の点から腱鞘炎(ドケルバン病)と判断する。

親指を動かすとき「ゴリッ」という音がするのも気にしている。

 

 

その他の症状:肩こり、頭痛

施術と経過

まず肩関節への運動療法。

腱鞘炎を含む手の症状には、まず首から肩、上肢にかけての神経と血液の循環をよくすることから。

圧痛の強い部位以外の上肢の筋膜リリース。

 

 

親指の反応点には鍼と灸。

前腕部と肩へは鍼施術。置鍼5分。

ツボ:外関、内関、手三里、曲池、缼盆など

 

施術後の痛みは軽減。可動域も広がった。ご自身で使用していたサポーターではなく包帯で軽く固定し終了。

 

週に2回の施術を続けたところ、圧痛、運動痛も減り、腫れは軽減。

約1カ月半で施術を修了できた。

 

※鍼灸施術の効果には個人差があります。

 

 

まとめ

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは

きょうさくせいけんしょうえんとは、手首から親指の付け根の周辺に生じる炎症のこと。

手首から親指の付け根には、複数の腱が通っています。このうち、短母指伸筋腱(たんぼししんきんけん)と長母指外転筋腱(ちょうぼしがいてんきんけん)と呼ばれる2つの腱が、手首の甲側・親指側に位置する腱鞘けんしょうを通る。

手を広げ親指の付け根にかけて浮かび上がる2本の筋が、この2つの腱。

 

腱鞘(けんしょう)とは、腱が通るトンネルの役割。ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)は、親指の使いすぎにより、親指側の腱や腱鞘に負荷がかかり、腱や腱鞘が腫れや炎症を起こすことで、痛みや運動制限が出現する腱鞘炎をいう。

 

特に出産後の女性、更年期の女性に多い症状して知られる。またPC作業やスポーツ選手に多くみられる。

 

  • 営業案内
    営業案内
  • 営業日
    « 2021年5月»
    2526272829301
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    303112345
    • 休診日
  • 患者様の声
  • メディア掲載ご紹介
  • blog
  • 最近のブログ記事
  • ご来院地域

    下記地域の患者様にご利用いただいております。

    東京都 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 中央区
    千葉県 浦安市 市川市 船橋市

  • お気に入り