東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニア)

すべての症例を紹介することが困難なため、一部を紹介します。top_001_1

また、治療の効果には個人差があります。

 

坐骨神経痛への鍼灸治療

「坐骨神経痛」とは腰から足まで走行する人体で最も太い坐骨神経の走行に沿って、または限局的に痛みやしびれが出ることをいう。

坐骨神経痛の中でも多いものは股関節まわりの筋肉が緊張し過ぎて神経を圧迫する「梨状筋症候群」や、腰椎の変性により坐骨神経の神経根が障害される「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「変形性脊柱症」などがある。

 

腰椎椎間板ヘルニアなどと病院で診断されると「もう治らない」とか「手術しかない」とあきらめてしまう方も多いが、改善する例は多くある。

ぎっくり腰から移行するような急性のものや、徐々に痛みが出現する慢性のものがある。痛みも鈍痛から激痛まで様々。

 

いずれの場合も椎間関節への過度なストレスを与えているいる歪みや筋肉のバランスの悪さがみられる。それらの原因を取り除き、炎症を起こしている坐骨神経を安静にさせることで神経の修復が早まり改善に向かう。

 

症例1

患者

男性 40代

症状

1カ月前にぎっくり腰となり、腰から両下肢にかけての痛みが出現。病院で検査したところ「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された。

歩けないほどではないが、現在も痛みは強い。痛みは疲労により増強。おしりやももが常に重くだるい。下腿部にも痛みが出現することもある。

治療・経過

SLRテスト陽性・上半身を前屈すると痛みが増強する。

初診時は手技療法により筋膜の過度な緊張を取り、椎間板に対するテクニックで硬化した関節に動きをつけた。

その後「大腸兪」「殿頂」「跗陽」「反応良導絡点」に鍼治療。施術後は腰、下肢共に可動域の改善がみられた。

その後、週に1回のペースで同様の施術をしたが、施術を重ねるごとに症状は改善。

2ヶ月ほどで施術を終了した。

 

まとめ

椎間板ヘルニアがあってもそれだけが痛みの原因とは限らない。

解りやすく言うと、筋膜や関節などへの過度なストレスにより、神経が炎症を起こすことで強い痛みが出現する。 神経の安静が必要だが歪みからくる構造的なストレスがあると安静を保てない。

今回の症例は、筋膜や関節の状態を良くしたことで、神経の安静が保たれ症状が改善した一例。

 

 

症例2

患者

女性 30代 看護師

来院日

2014年 8月

症状・身体の特徴

今年2月に娘さんをご出産。骨盤の回復にと、産後すぐに骨盤矯正効果のあるベルトを装着しているうちに右股関節まわりに痛みが出始め、右下肢にかけて痛みとしびれが広がり歩行が困難なほどの痛みとなった。

治療・経過

初診時は痛みが強すぎたため徒手検査はしなかった。横向きにて「腎兪」「大腸兪」「小野寺殿点」「飛陽」に刺鍼と灸。横向きのまま固まっていた腹部の調整を行いコルセットをして終了。

同様の治療を週2回のペースで続け、3週間後にはうつ伏せにもなれるほど回復し、初診から7週間後に完治した。

まとめ

この方の場合は股関節が原因の坐骨神経痛(梨状筋症候群)であったため、痛みの消失とともに股関節の矯正と骨盤矯正を取り入れたのが早い回復に繋がった。「坐骨神経の圧迫」を取るだけでなく、圧迫される理由を突き止め、痛みを根本から治すように心掛けている。

ホルモン(リラキシンなど)によって出産のために調整された骨盤は、産後ゆっくり修復していく。その時期に骨盤を早く細くしようなどと、かなりきついベルトを巻いて腰や股関節を痛める人は意外に多い。そのようなベルトよりは、晒や腹帯をソフトに巻くことの方を当院では奨励している。

 

 

症例3

患者

男性 40代 自営業

来院日

2018年 3月

症状・身体の特徴

仕事で重い物を持つことや運転をする時間が多いことや、趣味のサーフィンなどによる腰部への負担もあり、慢性的な腰痛と右坐骨神経痛がある。

2週間前からとくに右下膝から足首にかけての痛みとしびれが強くなったため奥様のご紹介で来院。

整形外科、整体院には通院していた。整形外科では「ヘルニア気味」と言われている。

やや筋肉質。

治療・経過

初診時はうつ伏せの姿勢をとると下肢への痛みが強くなる状態。横向き中心で過剰に収縮している腰部筋と殿筋の緊張を筋膜へのアプローチと鍼治療で和らげた。

腰痛や坐骨神経痛でよく使用する膝裏にあるツボ「委中」(いちゅう)に鍼の刺鍼を何度か繰り返す。仰向けの姿勢で腹部と骨盤調整、続けて右下肢への鍼治療をし初診の治療は終了とした。

数日後の2回目の来院時には痛みとしびれは半分以下になっており、さらに1週間後の3回目の治療時にはほぼ完治していた。

まとめ

筋肉は体を守るために必要だが、筋肉の状態が悪くなると体を悪くもする。筋力が強ければ収縮する力も強力なため、関節の硬化や歪みを起こすからだ。この患者さまの場合は右の腰方形筋が過度に収縮していたため、右骨盤と肋骨間が指2本の隙間もないほど狭くなっていた。このような状態が続くと腰椎椎間板ヘルニアのある無しにかかわらず、坐骨神経をはじめ抹消神経への圧迫刺激を起こしやすくなる。

坐骨神経痛は体のどこでどのようなストレスを、坐骨神経に与えているかを正確に判断すること。その原因部位に対してどのツボを選び、どのような治療をするかで治療結果が決まる。

  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日
    « 2018年8月»
    2930311234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930311
    • 休診日
  • 患者様の声
  • メディア掲載ご紹介
  • blog
  • 今治タオル使用治療院
    banner_2
  • お気に入り
  • ご来院地域

    下記地域の患者様にご利用いただいております。

    東京都 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 中央区
    千葉県 浦安市 市川市 船橋市