東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

ぎっくり腰の症例

ぎっくり腰の症例

 

すべての症例を掲載するのが困難なため一部を紹介します。また、施術の効果には個人差があります。

 

ぎっくり腰の治療で重要なことは、何が原因で痛みが起きているのかを正確に見極めること。脊椎の異常なのか筋膜性のものか、あるいはそれ以外から来ているのかを正確に判断することが痛みを早く取ることにつながり、結果的に症状の慢性化を防ぐことになる。

 

症例1

 

患者 

男性 50代

 

来院

2014年1月

 

原因と症状

自宅にて布団を持ち上げる際出現した。腰の痛みが強く体を伸ばせない。座っているだけでも痛い。腰だけでなくおしりの辺りにも痛みがある。

 

治療内容

ぎっくり腰を起こすと必ず腹部が緊張してくる。まずはその緊張をしっかり取る。それだけでも腰の緊張が取れてくる。その後、膝の後ろにある委中、腰にある大腸兪、首にある天柱というツボを中心に施術を行った。

とくに大腸兪の刺鍼時には好転的な手ごたえを感じた。施術後改善がみられたため、そのまま骨盤の調整をして終了。背中が伸ばせるようになり、おしりへの痛みも和らいだ。

最終的に計3回の施術で、完全に腰痛は消失した。

 

まとめ

この患者さんを痛みの出現後すぐに来院してくれたのですぐに効果が出せた。しかし痛みがなくなることと治ることは同義ではない。

ぎっくり腰を起こす方は腰の筋肉や腰椎がが常にストレスを受ける歪みを起こしていることがほとんど。痛みが取れたあとはその歪みを時間をかけて取る治療こそ根本治療と言える。

 

 

症例2

 

患者

40代 女性

 

来院

2014年 5月

 

原因と症状

3ヶ月前(2月)にちょっとした動作で腰からおしり、もも裏にかけて激痛が走る。

病院では「異常なし」との診断。鍼灸整骨院にも通うが改善ないまま3ヶ月経ち、当院を受診。

 

治療内容

下肢への痛みの出かたからして、腰の下部に問題がある。特に右の腰仙関節の動きが悪い。この部分が神経を刺激し、おしりともも裏への痛みも起こしていると説明。腹部へのアプローチにより、腹圧を調整し、背骨(腰椎)への負担を和らげる。

腰に対するモーションパルペーションにより、関節の動きをつけた後トリガーポイント鍼治療。

施術後は明らかな痛みの改善があったが、完全には取りきれなかった。

その後、計5回(週1回のペース)の治療を続け完治。

腰の大切さを知って、現在も月1回身体のメンテナンスのために通院してくれている。

 

まとめ

腰痛の臨床経験はかなり多い。歩き方で痛みのイメージが湧き、触診により治療方法が解かる。「過剰刺激」はもちろん注意するが、「冷やして固定」だけではプロではない。言い方は悪いが「どこまで攻められるか」が結果に出る。その加減が解かるのは経験でしかないと思う。

  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日
    « 2017年11月»
    2930311234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293012
    • 休診日
  • 患者様の声
  • blog
  • 「妊活スタイル」に掲載
    image
  • 雑誌「CREA」に掲載
    CREA
  • 今治タオル使用治療院
    banner_2
  • お気に入り
  • ご来院地域

    下記地域の患者様にご利用いただいております。

    東京都 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 中央区
    千葉県 浦安市 市川市 船橋市