東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

顎関節の痛み(顎関節症)の症例

あごの痛み(顎関節症)の症例

 

多くの症例の中から一部を紹介します。また、治療効果には個人差があります。

 

症例1

 

患者

女性 30代 江戸川区

 

来院

2014年2月

 

症状・経過

先月(1月)左のアゴに強い痛みが出現し口が開きにくくなる。食事のときと就寝時がとくに痛い。1ヶ月経っても痛みが変わらないため来院。

 

治療内容・経過

左顎の痛みとともに左首から肩にかけてのこりも強い。下顎頭のわずかな変位(上方、後方など)はみられ、圧痛があった。身体とくに頚部から顔・頭のバランスを確認後、首や背中から施術。仰向けで顔面部・頭部の調整(下顎骨、側頭骨など)後、鍼治療。

鍼は顔用の極細鍼を使用。ツボは反応点を中心に。施術後は痛みが和らぐが、次の日には戻ってしまうとのこと。

ほぼ初回時と同じ治療内容(調整部位を毎回変えながら)で、5回目の治療後から4~5日程痛みが治まるようになった。最終的に10回治療をし、顎の痛みは治まった。

 

まとめ

顎関節症の原因はさまざまで特定できないことも多い。経験的に「下顎骨を調整し過ぎない」ことも重要だとおもう。

身体の歪みを整え、顎関節や関連する神経(顔面神経、三叉神経、下咽神経、舌下神経など)へかかるストレスを少しずつ和らげるよう治療を進めた。

 

  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日
    « 2017年11月»
    2930311234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293012
    • 休診日
  • 患者様の声
  • blog
  • 「妊活スタイル」に掲載
    image
  • 雑誌「CREA」に掲載
    CREA
  • 今治タオル使用治療院
    banner_2
  • お気に入り
  • ご来院地域

    下記地域の患者様にご利用いただいております。

    東京都 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 中央区
    千葉県 浦安市 市川市 船橋市