東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利
ブログ

春といえば・・

" 自律神経, 鍼灸 "

2016年3月30日

春といえば肝。

 

肝といえば上亢(肝陽上亢)。

・・何それ?

 

 

陰の気が不足することで肝陽の亢進を抑えられなくなり気血が上昇すること。

要するにのぼせた身体

のぼせやすいのは春の特徴。

めまいや頭痛、目の充血や顔の赤みなど・・

のぼせの症状は実に様々。

のぼせているのでとっても暑いと感じやすいけど、

実は下半身は冷えやすい(上実下虚)。

これってお風呂と一緒。

熱い!と思いきや熱いのは上だけで、下はとても冷たかった。

それと一緒です。

暑いと感じても下半身はしっかり保温する。

これが春に一番大切な養生法です。

そして、

肝といえば自律神経

寒い外気から暖かい外気へと、大きく変化するこの季節。

自律神経は大忙しです。

だから乱れやすくもなる。

「春はなぜか調子悪くて・・」

「最近やたら眠くて・・・・」

「春はとにかくイライラして」

それは自律神経が忙しい証拠。

だから大丈夫!

それでも大丈夫じゃなかったら、ぜひ鍼灸治療を受けてみてください!!

 

 

 

 

この記事を書いた人

東京都江戸川区西葛西のかなもり鍼灸院院長の金森浩士(かなもり こうじ)です。

23歳の時に愛知県豊橋市より上京し、13年間の修行を経て平成25年に開業しました。「体の中から元気にする鍼灸」目指し、日々治療院経営に奮闘中です。

どうぞよろしくお願いします。

 

カテゴリー: 自律神経, 鍼灸.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログトップ
    blog
  • ブログカレンダー
    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
  • お気に入り