東京都江戸川区西葛西 整体・鍼灸(はり きゅう)なら かなもり鍼灸治療院 千葉方面からのアクセスも便利

坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)とは

坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)とは

「坐骨神経痛」とは腰から足まで走行する人体で最も太い坐骨神経の走行に沿って、または限局的に痛みやしびれが出ることをいう。

 

坐骨神経痛の中でも多いものは股関節まわりの筋肉が緊張し過ぎて神経を圧迫する「梨状筋症候群」や、腰椎の変性により坐骨神経の神経根が障害される「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「変形性脊柱症」などがある。

 

腰椎椎間板ヘルニアなどと病院で診断されると「もう治らない」とか「手術しかない」とあきらめてしまう方も多いが、改善する例は多くある。

ぎっくり腰から移行するような急性のものや、徐々に痛みが出現する慢性のものがある。痛みも鈍痛から激痛まで様々。

 

いずれの場合も椎間関節への過度なストレスを与えているいる歪みや筋肉のバランスの悪さがみられる。それらの原因を取り除き、炎症を起こしている坐骨神経を安静にさせることで神経の修復が早まり改善に向かう。

 

 

坐骨神経痛への鍼灸治療

神経を圧迫している深部筋群の過緊張をとり、炎症を起こしている坐骨神経の回復を早めることが、鍼灸治療の役割である。

腰や臀部のツボはもちろん使用するが、足首または足部などの遠隔のツボを刺激するとさらに効果を発揮することがある。

  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日
    « 2018年9月»
    2627282930311
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30123456
    • 休診日
  • 患者様の声
  • メディア掲載ご紹介
  • blog
  • 今治タオル使用治療院
    banner_2
  • お気に入り
  • ご来院地域

    下記地域の患者様にご利用いただいております。

    東京都 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 中央区
    千葉県 浦安市 市川市 船橋市